かきのきサロン/徒然庵   

kakinoki8.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 20日

上州路・紅葉探索と「アプト廃線」歩き記

秋も深まった11月半ば、アプト廃線めぐりをメーンに、ドライブウオークに出かけた。

妙義・・・ここは春の桜でも有名な名所。いつも信越道を走って、車窓から眺めていたが今回は高速を下りて間近に迫る。見るからにごつごつした岩山。如何に山が好きな方でもきっと足がすくむに違いない。眼前で見るとその迫力がわが身に迫る。
d0102505_19571515.jpgd0102505_19573338.jpg







d0102505_19574482.jpg







横川から廃線歩き・・・アプトの道
これが今回のメーン。ところが肝心な写真、カメラの露出設定を間違えてしまったので、スポット第一のめがね橋付近の画像が台無しになってしまった。レタッチソフトで修正しては見たものの、現状の色再現が出来ない。傾斜は緩やかな登り道。歩く分にはさほど負荷を感じないが、機関車にはしんどかったんだと、思いながら歩く。
歩く道がかってのアプトの線路道。途中猿の一団が一家総出で出てきて、行く道をふさぐ。観光客が餌付けをしていないので、自然のまま。餌を求めたり、追いかけてくる仕草は一切なし。
高速の横川SAをでて長野に向かうとき、すぐつり橋を走るが、今日はその下を歩くことになる。下から見上げると結構高いなと感じる。左のある線路は、観光用のもの。横川鉄道公園から峠の湯というところまで、片道900円。往復1500円。
d0102505_20251441.jpgd0102505_2025485.jpg










d0102505_2026414.jpg
d0102505_20311997.jpg









アプト走行時、機関車の電圧低下を補充していたのか、丸山変電所跡。紅葉が見事。紅葉越しの変電所。
絵になるスポット。変電所直前の広場、道路に猿の一家が山から下りてきた。道をふさぐ様だが、人になれていないのでよけてくれた。小さい子供は恐れたのか、電柱に登って避難。親と離れたため黄色い声を発していた。
d0102505_20345847.jpgd0102505_2035253.jpg










d0102505_2040497.jpg












丸山変電所跡と紅葉
d0102505_20434369.jpgd0102505_2043557.jpg







d0102505_20441383.jpgd0102505_20442710.jpg










変電所をすぎて、またアプト廃線跡を登って行く。線路は残っていても、このように歩道化され、コンクリートで舗装されているので、若干興ざめは否めない。
d0102505_20444058.jpg










歩いていった到着点は行き止まり。
d0102505_2053311.jpg
d0102505_20551911.jpg









d0102505_20553310.jpg








碓氷湖
めがね橋への途中に、紅葉を湖面に写して美しい碓井湖で遊ぶ。ちょうどここで愉しいランチタイム。
バーナーで沸かしたお湯で点てたコーヒーと味噌汁のなんと美味しかったことか。
それぞれ持ち寄ったご馳走をつつきあい、ハラペコの胃袋を満たした。
d0102505_2123347.jpgd0102505_2125081.jpg








d0102505_213661.jpgd0102505_2132010.jpg










めがね橋へ・・・
いよいよ本命ご登場・・・と言うとこるに至る。
廃線歩きの醍醐味の一つに、トンネルがある。トンネルは26箇所。そのうち歩けるのは、群馬県側だけのようだ。トンネルを抜けると雪国・・・ではなく、ここでは軽井沢と言うべきか。でもそこまで歩いていけない。
しかしめがね橋にはこのトンネルを抜けなければならない。胸がわくわくする。
と週避難箇所として、トンネル内窪んだ箇所がある。ここではフラッシュを焚いた。
d0102505_21124489.jpgd0102505_2113378.jpg










d0102505_21131910.jpgd0102505_2113296.jpg









d0102505_21134678.jpgd0102505_2114232.jpg










d0102505_21141627.jpgd0102505_21142840.jpg












待望のめがね橋
多くは語らないが、アプト廃線の目玉。このスポットがあるからこそ、多くの廃線めぐりファンを引き付けて止まない。
秋の紅葉・・・・冬、雪に白く染まるころ・・・春の新緑・・・いつ来ても飽きることはないだろう。
d0102505_21191263.jpgd0102505_21193287.jpg










d0102505_21194862.jpgd0102505_2120750.jpg








d0102505_21202277.jpgめがね橋を渡ったところでシャットアウト。ここから先には行けない。
ここから本当の碓氷峠越しが始まるところなのに~・・・・
                                      





アプト廃線の痕跡を示す遺物、まとめてアップ

d0102505_22202599.jpgd0102505_22203710.jpg













d0102505_22212020.jpgd0102505_22213270.jpg













d0102505_22265685.jpgd0102505_2227836.jpg













d0102505_22272568.jpg31-4という標識は、高崎からの距離、31km400を示す。

鉄蓋には、kyousanと判読できた。京三は現存する企業である。




                                      The END

追記・・・この後、軽井沢・北軽を経て、八ツ場ダムの吾妻渓谷に回る。この項は、前述のためここでは略。
[PR]

by polaris-8 | 2009-11-20 21:26


<< 廃線めぐり   奥多摩湖ロープウエイ      DCC写真展 >>