2011年 12月 02日

平林寺の紅葉

d0102505_12155419.jpg11月30日、第18回目のみどころを歩く会に参加して、紅葉真っ盛りの平林寺に行ってきた。入園拝観料500円。普段は支払うことのないものがこの時期徴収される。ちょっと最盛期を過ぎたかな、そんな感じがしたが人の数はものすごい。人を入れないで写真を撮るのにかなり苦労もした。今回の参加者は22名、コースは世話人さんからGメールで報告のあった通り、東久留米駅集合からスタート。史跡公園までバス。車内はまるで幼稚園児の遠足もどき。料金は190円だがシルバーパスのある方はここまで無料ですよ・・・とバスの運転手さんの声。降りたところでミーティングと参加者点呼確認。注意事項と説明を聞いてスタート。のどかな田園風景を楽しみながら、軽快に歩をすすめる。そんな写真が上の6枚の連結合成写真。

鮮やかな紅葉。
一昨年(だったと思う)天皇陛下がご鑑賞されただけの気品がある。
d0102505_1253780.jpgd0102505_1261088.jpgd0102505_127463.jpgd0102505_1271892.jpgd0102505_127279.jpgd0102505_1273569.jpgd0102505_1274454.jpgd0102505_1275214.jpg


































下の3枚の写真について
松永安左ヱ門の草庵。平林寺に寄贈後「睡足軒」として利用されている。現管理者は新座市。

「1」の丸窓から見る紅葉は色が薄い。「2」の丸窓・紅葉を切り取って、「1」に張り付けたのが「3」の写真。いずれもJtrimで加工・合成。
d0102505_12245890.jpg
d0102505_12251086.jpg
d0102505_12252484.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-12-02 18:36 | ウオーキング
2011年 11月 28日

鈴木稲荷神社~小平団地の秋

特段コースを決めずに、気の向くままの朝のウオーキング。今朝は町内の守り神鈴木稲荷神社を振り出しに、鈴木小・武蔵のの団地・小金井橋から玉川上水べり・喜平橋を右折して小平団地というコース。途中で自転車のS氏と出会う。
今が盛りか、いややや峠を過ぎたであろうということを語りかける銀杏の落葉。銀杏の実も今年は豊作だったようだ。いつもなら銀杏ひろいをして、晩酌の肴にするのだが今年は拾うことはやめた。境内では社守さんが、きれいに皮をむいた銀杏を、どうぞといっておいてあるものをいただくことにした。
今日のコースは距離的に大したことはないが、写真を撮ったり、S氏と語りながら歩いていたので、歩行時間は十分であった。毎日コースを変えて歩いていると、町の変化を見ることができる。へぇ~こんなものが出来てる・・・以前ここはなんだったかなぁ~ あったものがない・・・など意外な発見に驚くことが多い。茜橋から玉川上水を覗くと大きな鯉が群れて泳いでいる。上水の水は絶えることなく流れているので、鯉たちは一睡もできない。ということは生涯、睡眠をするという事はありえないのか? 何ともつまらぬ発想だ。

★鈴木稲荷神社
d0102505_16132448.jpg

d0102505_1614893.jpgd0102505_16141825.jpg                                  
                                   ・

★小平団地
d0102505_16235819.jpgd0102505_1624761.jpgd0102505_16241621.jpgd0102505_16242556.jpgd0102505_16243411.jpg
d0102505_16244391.jpg
[PR]

# by polaris-8 | 2011-11-28 18:18 | ウオーキング
2011年 11月 18日

大阪城

d0102505_2042383.jpgd0102505_2053454.jpg








NHK大河ドラマ放映中なので、淀殿・秀頼ゆかりの大阪城は観光客でごった返しているのではないかと思いながら、新幹線に乗るまでの数時間を大阪城見物で過ごした。
四十年ほど前に行ったときとはまた建物の様子が変わっていた。確かエレベーターは無かったはずだが、今は上りだけ使える。くだりは階段で。

d0102505_2046356.jpg
蛸石といわれる一枚岩の大きさはさすが、昔の人はどういう方法で切り出して、ここまで運んできたのだろうか。洋の東西を問わず、似たような事象は数多とある。



淀と秀頼の自刃の地
d0102505_20474122.jpg

d0102505_20475276.jpg
d0102505_2048925.jpg


今回の京都・奈良旅行の最終日、あまり時間がない中で、ゆっくり南北大阪市街を歩くことはできなかったが大阪城を歩いた後、JR環状線・京橋駅から大阪、乗り換えて新大阪へ。一路東京に戻る。




余談だが、JRでは「大阪駅」というが、私鉄では「梅田」という。
エスカレーターも東京とは逆で、歩行者用に左側をあけて乗る。
「おでん」のことを「関東煮」という。
きつねうどんとたぬきうどんは、東京と全く逆。汁が違う。
関西人は納豆は食べない。最近スーパーに並びだしているが、東京からの転勤族などが対象か。
南北の大通りを「筋」といい、東西は「通」という。
自分の配偶者・妻のことを大阪では「よめさん・よめはん」といい、東京では「かみさん」という。
関西落語には演台があるが,関東にはない。
いろんなことで、東西、特に大阪と東京の文化を比べると面白い。そんな本もある。


d0102505_212234.jpg
d0102505_2122469.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-11-18 23:06 |
2011年 11月 11日

京都・奈良に遊ぶ

当初5日という線もあった孫娘の七五三祝いの日程が19日に決まったので、急遽2日から紅葉には早いと知りつつ、京都~奈良に行ってきた。目的は京都御所の一般公開と奈良の正倉院展を観ること。加えてこの機会にまだ一度も足を運んだことのない奈良の観光、お寺巡りをするためであった。
御所は想像していたより参観者は少なく、行列や長い待ち時間は無くスムースに歩けた。
一方奈良の正倉院展は長蛇の列。1000円の入場券を買って、入場するまでどのくらい時間がかかったろうか。
御所と正倉院展の配布パンフレットを添えて記録に留めておきたい。

1.京都御所
d0102505_150813.jpg
d0102505_1502993.jpg


2.正倉院展  
 展示物の目玉は二つ
  (1)金銀細荘唐太刀 長さ99.9㎝
  (2)黄熟香 長さ156㎝ 重さ11.6kg
d0102505_1521368.jpg
d0102505_1522974.jpg
d0102505_1523948.jpg
d0102505_1525668.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-11-11 11:11 |
2011年 10月 21日

エキサイトブログ・スタイルシート変更ですっきりと…

あまりまじめに書き込んでいない「エキサイトブログ」だが、久しぶりに開いてみるとマンネリも甚だしいのでここは気分一新、スタイルシート(背景)の変更と、右サイドにいらないものがだらだら並んでいる項目を少し整理して、シンプル化を図ってみた。
名刺の色も変え、見た目のスタイルも変え、時節柄秋なので紅葉のシートを選択したのがこれである。人間も家の中も季節の変わり目には衣替えや、ちょっとしたレイアウトを変えるが、やはり気持ちのあり方が違う。
見た目の変化は、その奥行きが見えなくても気の持ち方が変わる。特に関係は無いが明日は誕生日。また一つ齢を重ねることになる。年齢を数えるという法律があるが、それによると一歳加算されるのは、生まれた日の前日だそうだ。ということは今日で一歳年を重ねたことになる。ますます健康でありたいと願う。自分のためにも家族のためにも。
[PR]

# by polaris-8 | 2011-10-21 12:18 | 雑感
2011年 10月 20日

東京駅は改装真っ最中

東京駅は目下大改装まっただ中だ。八重洲側の駅ビルは撤去され、丸の内を見通すことができ、丸の内側では、駅舎を大正レトロ調に大改装進行中。一部頭部が見えだしたのはほぼひと月前。そんな今のスナップを撮ってみた。
また新丸ビル前にはエコタクシー専用の乗り場が、10月13日から設置され営業されている。どちらの情報も新聞に掲載されていたので周知のことで何も新鮮味はないが、工事中の様子は今でしか見ることのできない様子なので、それだけに関心は高い。行幸通りから東京駅を眺めると駅舎全体が工事中のホロに覆われている。八重洲・新幹線側もまだ未完であり東西南北どの方角からも工事中の東京駅しか見ることができない。

1.東京駅丸の内南口
d0102505_22291191.jpg

2.東京駅丸の内北側
d0102505_2230164.jpg

3.行幸通りから東京駅正面を見る
d0102505_22384266.jpg
d0102505_22383254.jpg

4.新丸ビル前のエコタクシー乗り場
d0102505_22405616.jpg
d0102505_22411917.jpg
d0102505_22413926.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-10-20 22:49
2011年 09月 22日

台風一過 スナップ2点

台風15号が首都圏を襲ったのは21日。小平では意外と早く通り過ぎ、被害は無いと思っていたが、グリーンロードの桜の大木が倒壊していた。今朝早く花小金井駅に行く途中、小金井街道に出る前のところ、写真スタジオのある付近で見かけた。意外と根っこが貧弱な木であることに、ちがっや驚きを覚えた。
d0102505_2251549.jpg



出かけた先で見た隅田川、水は真茶色に濁っていた。某ビルの高所からのスナップ。手前の線路は浅草起点の東武鉄道。
d0102505_2235989.jpg


そのあと回った某公園でも、園内の倒木や折れた枝の手入、後始末に大勢の植木職の方々が汗を流していた。
[PR]

# by polaris-8 | 2011-09-22 22:53
2011年 09月 12日

中秋の名月

月月に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

今夜は中秋の名月。七夕と違って、雲一つない夜空に真ん丸のお月さんが浮かんでいる。東の空から徐々に南へ、そして西へと動いていく…? 自転と公転の関係で太陽のようには動かない。
ベランダに三脚を構え撮るも、画像にキレがない。きっとレンズの解像力が弱いのだろう。

この写真の撮影条件
 シャッタースピード  1/1000
 絞り    F5.6
 ISO    100
d0102505_2211494.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-09-12 22:12 | 雑感
2011年 09月 09日

スカイツリーと国技館

久しぶりに快晴となった8日、あさの木曜会を済ませた後、久しぶりにスカイツリーを見に行ってきた。いつもの通り撮影ポイントを歩いたが今日は両国に出てみた。大相撲が11日初日なので、幟の立つ国技館もみたくなった。前回行ったときは技量審査場所ということで、幟はなくさびしいものであったが、国技館にはやはり幟が無いと絵にならない。
日ごろの運動不足を今日一日で穴埋めするがごとくよく歩いた。押上から十間橋、また戻る形で墨田区役所-吾妻橋。そして両国まで。スカイツリー本体が完成したこともあって、観光インフラが徐々に整ってくる中で、9月10日から、上野・浅草・スカイツリーを結ぶシャトルバスが運行する。

d0102505_1455411.jpg
d0102505_1456770.jpg
d0102505_14563010.jpg
d0102505_14564325.jpg


両国は、いつ行っても何度行っても飽きのこない下町。相撲部屋は町内に割拠、自転車に乗った大男が走り回る姿は、自転車が可哀そうになる。
一時、蔵前に移転していた国技館が今の両国に戻ったとき、当時の理事長春日野(栃錦)は、国技館は両国にあっての国技館、両国になければならないのだ、といった言葉が思い出される。ほとんど大川を挟んで対岸にあったのだが、蔵前ではだめだったということ。
八百長問題の禊はまだ済んではいないだろうが、やはり幟の立つ国技館は、国技館の顔をあらわしている。ここからもスカイツリーが望める。
d0102505_15263377.jpg
d0102505_1593774.jpg
d0102505_1595456.jpg
d0102505_1510373.jpg


懐かしい映像
①両国国技館は、かって丸屋根のドームだった。進駐軍に接収され、某大学の講堂になり、戦後は曲折を経た建物である。そんな懐かしい写真を見た。
東京都交通局が発行しているフリーペーパーに「東京時間旅行…」がある。その最終号特集に「領国を歴史探訪する」という5ページにわたる特集が組まれている。
そこから写真を借用してアップしたのが下記のもの。見覚えのある方も多いことと思う。今の様子は微塵にも感じられない。丸屋根ドームの両国国技館が見られる。
d0102505_15175459.jpg
昭和20年代の写真。都電は3000形.29系統路線 両国橋西詰から。
d0102505_151834100.jpg


②国技館で入手したパンフレットと今場所の番付表
若乃花特集がVTRで流れていたが、くぎ付けになってみた。第45代横綱になったのはS33年3月、初優勝はS31年夏場所、高校3年だった私は青梅街道をパレードしてくる若乃花を見に行ったものだ。花籠部屋は阿佐ヶ谷にあった。余談だが一度だけ観音湯という銭湯で見たことがある。付き人5~6人連れて。本人は腰掛にでーんと座るだけ。背中、腕、足・・・などみんな付き人が洗っていた。
d0102505_1526443.jpg


今場所の番付で注目は西十両8枚目の皇風、78年ぶりの早稲田大学出身の異色力士。先場所まで直江という四股名でとっていた。
d0102505_15265629.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-09-09 15:52 | 好奇心
2011年 08月 28日

新歌舞伎座工事中-1

歌舞伎座が完全に解体が終わり、新しい建設工事が始まっている。晴海通りからはその工事現場を見ることができないが、先日の27日の夕刊にその模様の上空写真が掲載されていた。私が写真を撮ってきたのはその2日前の木曜日、タイミングのいいものであった。晴海通りと昭和通りの交差点角に、お寿司屋さんがあったが、今では群馬県の東京事務所・観光案内所・物産店に代わっていた。聞いてみると今年の3月オープンとのこと。歌舞伎座の工事は数年かかるのでお寿司屋さんも店舗維持に堪えられなくなって手放したのかと、勝手な思いを抱く。
新聞にも書いてあるが、見通しの良い、いつもとは違った風景を見られるのは、今がチャンス。
東京スカイツリーの追っかけが終わったので、今度は歌舞伎座を追っかけてみたい。
d0102505_15144780.jpg

d0102505_1515266.jpg
d0102505_15151271.jpg
d0102505_15153124.jpg



工事中のスナップ   2011年3月撮影
d0102505_17311322.jpg
d0102505_17312341.jpg
d0102505_17313276.jpg
d0102505_17314086.jpg
d0102505_17314845.jpg
d0102505_17315698.jpg
d0102505_1732476.jpg
d0102505_17321210.jpg

[PR]

# by polaris-8 | 2011-08-28 15:19 | 好奇心