かきのきサロン/徒然庵   

kakinoki8.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 22日

Jtak資料作成

大寒はやはり寒い。センター試験の受験生は、お役所の手違いでこの寒い中、再度受験のやり直しという状況。本人の人生を左右しかねない始末。センター試験の意味は何なんだろうと思う。無くてもいいのではないか。本人の受験したい大学に受験の機会を与えて何が不都合なのか、門外漢のものには理解できない。予算の無駄遣いではないか…そんなことを思いながらこちらは気楽に、Jtak勉強会の資料を準備している。次回、次々回と何本かの資料・題材をストックしておかないとつい不安になるのである。こちらは人生を左右するものではないが、一人でもJtakファンがいてくれる限り、こちらも手を抜くわけにはいかない。センター試験の準備状況と比べるわけではないが、怠りない準備は主催者・世話人の義務だと考えている。
ここ二三日寒い日が続いているので外に出られず、日暮しPCに向かってそんな作業を進めている。という事で下記の作品の作成手順書をまとめた。この題材を使うのはは3月か4月になるだろう。さらにもっとストックを準備したいと思っている。
この4点の作成手順書は、勉強会が終わった後にアップ予定。

1.真珠の首飾り
d0102505_1433627.jpg
2.気品の額縁
d0102505_14342354.jpg
3.手毬風額縁
d0102505_14343544.jpg
4.カラーボード積み重ねフレーム
d0102505_14393018.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2012-01-22 17:51 | 雑感
2012年 01月 13日

両国から望むスカイツリー

d0102505_2147738.jpgいま両国で大相撲まっただ中。日本人大関の誕生で人気上昇中。八百長で揺れたあの時期が遠い存在になってきたのか。日本人の寛容さみたいなものを感じる。
12日、私の隠れ家的木曜会の日.
そのあとが誰にも拘束されない自由時間。今年二度目の押上詣で。いわゆるスカイツリーの写真を撮りに出かけた。この日のスカイツリーは次の場所で撮り、コースを歩いて回った。
十間橋⇒墨田区役所18F⇒吾妻橋⇒駒形橋⇒厩橋…隅田川遊歩道を両国まで歩く…安田庭園⇒国技館
その中から安田庭園と国技館周りでのショットをアップする。


安田庭園の池には薄氷が張っていて、東京は今冬一番冷え込んだ日。日中気温10度に届かず。
高さ634mのスカイツリーはここからその姿が望めた。冬特有の空気が澄んでいるので、もやった空気ではなくすがすがしい様子が望めた。
塔頭には工事用クレーンの姿も撤去されていて、それがあればこそスカッとした姿に見えるのだ。
まわしを風呂敷に包んで持つお相撲さんの姿も見られるが、まだ番付下位の方なのだろう、若く髷も結えない草履や下駄をはいて、国技館に入っていくもの、出てくるものさまざまだ。顔の表情から買ったのか負けたのかは窺い知れないが、風呂には入ってきているのか顔のさっぱりした艶はいい。ビン付の匂いも爽やかで、地位は下でもやっぱりお相撲さんだなと思う。

安田庭園
d0102505_21494958.jpgd0102505_21501089.jpgd0102505_21502985.jpg



国技館
d0102505_21552393.jpgd0102505_21554974.jpgd0102505_21561841.jpg
当日の取り組みの「割」が、一枚一枚張り出されている。


こちらの方にもお立ち寄りください。  http://www.livedoor.com/ 

[PR]

by polaris-8 | 2012-01-13 22:19 | ウオーキング
2012年 01月 05日

町内・回田からのMt.富士

今日は冬晴れという寒気冷たく空気の澄んだ夕方、回田の氷川通りから富士が望める。サンセットの状況を撮りたくてカメラを持参してその時刻を待つ。
ご近所からコンデジを持ったおじさんおばさんが集まってきた。「今日は良く見えそうですね・・・」「冷たいですね」。そこは同じ穴の仲間意識で会話が弾む。冬至もすぎ徐々に日が長くなっているのが良くわかる。昨年末とは夕日の沈む位置が違う。
それにしても電線が多いことに改めて気づく。最近では電線のある風景、電線を入れた写真というのが、ある種の流行とか。まだまだ町の中に贅沢を言わなければ、富士を望める場所が結構ある。
我が家のベランダからも勝手は見えていたが、今ではてっぺんの一部だけしか見ることができない。
昔の小平は全地域、どこからでも見ることができたはずだ。
16.24から16.25、わずかな時間のうちに山陰に太陽は隠れた。山頂の気流の様子がわかる。かなり強い空気の動きが見て取れる。
d0102505_23294654.jpg
d0102505_2330988.jpg
d0102505_2330354.jpg
d0102505_23305682.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2012-01-05 23:35