<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

ある金融機関でのできごと

驚いた…一瞬何事か…わが耳を疑う出来事にある金融機関の窓口で遭遇した。自分の普通預金を引き出すのに「手数料を請求された」のだ。信じられますか。カードが当たり前の現状にあっては、普通預金の出納に通帳と印鑑を持って窓口に行く機会はまず無い。しかしどうしても窓口で手続きをしなければならないことがある。先日ある事情で細かな金種別に出金する必要に迫られた。その時のことである。窓口の女性の係員では話にらちが明かないので、責任者の対応を求め、応接間に通された。
下に普通預金の払出請求書と両替請求書を添付しておいたが、両替については、一定の枚数(個数)を超えると手数料が伴うことがはっきり明記されている。本当は両替で手数料を取られることに納得はできないことだが、書類にその旨記載されているので、一応了としよう。
ところが普通預金の払出に際しては、そういう説明は記載されてなく、払出希望金種を記載するよう求められている。

応接間でのやり取り要旨
(金)…両替と同じような状況だ。一定数を超えた枚数になるので手数料の負担を願いたい。
(私)自分の金を自分の口座から引き出すのに、どうして手数料を支払わなければならないのか。
(金)…所管官庁から指導されている・・・
(私)どういう指導内容か、文章を拝見したい
(金)……規則ですから~
(私)通帳にも払出請求書にも一言も書いて無く、所轄庁の指導だからと言われても納得できない。
(金)…両替手数料がかかる場合がある・・・と記載はしているが・・
(私)払戻請求書には、希望金額を金種別に記載するようになっているではないか。むしろ私はそちらで決められた手続きにのっとって、履行している。今回のケースはどこが両替に該当するのか

若干前後の応答はあったが、おおむね上記のようなことであった。本当に所轄庁の指導があるのか私は知る由もないが、不合理なことに間違いないと思う。私たちの預金をもって業の成り立っている金融機関は、顧客第一主義と口先では言っているが、一方では顧客泣かせの傲慢さが垣間見える。
d0102505_2137025.jpgd0102505_21384827.jpg








PS:金融機関側の解釈は次のようなものであることが分かった。
窓口や両替機で両替すると手数料が発生するので、中には元金をいったん普通預金に入れて、その金額を普通預金払戻請求(窓口)で、細かな金種で出金するケースが、両替に該当するということ。
今回のケースはそれにも該当せず、私の理が100%通って一件落着。応接間を後にした。
[PR]

by polaris-8 | 2011-01-31 21:05 | 雑感
2011年 01月 14日

料理同好会

d0102505_8463417.jpg
シルバー大学24期同期の有志で楽しんでいる、料理同好会がある。2011年第1回が14日に行われた。この会は専門の先生がいるわけではなく、メンバーの持ち回りで先生役を担当している。メンバーは現在12名、順当に回れば年1回の受け持ちである。ところがたかが1回と言っても順番が近くなってくると、精神状態は穏やかではない。4人一組の3班制。当番になったものが属する班が材料買出しからすべての前準備、前始末を担当する。
今回は、厨房を使える時間が1時~5時(いつもは夜間も使える時間帯)という制約された中で、材料の買出しから忙しいものであった。
まず座学、講師担当になった方からレシピの説明と注意事項がレクチャーされる。それから厨房に入って包丁を握るのである。
d0102505_20512943.jpg今回のメーンはチキン料理、ハニーマスタードのソースが命である。図らずもそのソースつくりを担当した。
いつものことながら、量が多いので食べきれない。そこで持参のタッパーに入れて持ち帰る。家では楽しみに待っている家内がいる。まるで餌運びだ。
おいしさの押売りで、「どうだ・・・おいしいだろう・・・」と返事を強要する。たわいない会話だがちょっとした温もりが漂う一時である。
12名のオールキャストメンバーと今日の出来上がり料理一式の写真は文中にアップ。写真は撮っていただいたO氏から提供していただいた。
下には今回のレシピと2011年の年間予定表。
d0102505_2118344.jpg

d0102505_971459.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2011-01-14 20:28 | 好奇心