<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 28日

スカイツリー 497m 

500m目前にしばらくの間は、伸びないそうだ。500m超はしばらく先だ。第二展望台設営が優先する。そんな情報をみて雨模様の10月末(28日木曜日)、出かけてきた。今回は言問橋から上流に向かって、橋ごとにどう見えるかを見てみたかったため。
雨では満足な写真は撮れない。それを承知の上。いずれこのコースはお天気のいい時に再歩する。今回歩いたこの間にWCは一箇所のみ。
隅田川の上流は、千住汐入大橋のところで、上流に向かって大きく左に蛇行している。この辺が見える限界かなと一瞬思うが、さらに上流に歩いてみないことにはなんともいえない。今回歩いたここまでは遊歩道が整備されている。

①497m表示のタワー
d0102505_20211791.jpg

②タワー直下にできたCVS 本日オープン。狭いスペースなので標準店舗のスペースは無い。
d0102505_20232098.jpg

③桜橋から
d0102505_2024187.jpg

④白髭橋から
d0102505_20244447.jpg

⑤水神大橋から
d0102505_2025851.jpg

⑥千住汐入大橋から
d0102505_20254621.jpg

⑦京成・関谷駅  浅草からここまで雨の中を歩いてきた、まったくご苦労様! この左ガードをくぐれば東武伊勢崎線の牛田駅。上野に出るなら京成。浅草に出るなら東武。
d0102505_20272922.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-10-28 22:13 | 好奇心
2010年 10月 20日

スカイツリー 488m ライトアップ点灯実験

d0102505_20101852.jpg
完成まで最初で最後のライトアップ点灯実験があったので、雨模様の中でかけてきた。高さは488mの表示。2000個のLEDのうち、実験に点灯されたのはわずか51個。
建設中のタワー全体が彩られるのかと期待して出かけたものが、まったく期待はずれ。それでも話題性十分なもので人出はすごかった。
d0102505_20103150.jpg
d0102505_20104785.jpg
d0102505_20113220.jpg
d0102505_20114327.jpg
d0102505_20115456.jpg

雅は江戸紫
粋は隅田川の水
を表現したものだそうだ。完成後は一日おきに点灯をするとのこと。
[PR]

by polaris-8 | 2010-10-20 20:13 | 好奇心
2010年 10月 08日

スカイツリー 478m (中央大橋~吾妻橋まで)

今回は隅田川河畔を、スカイツリーがどのように見えるかを楽しみながら歩いてきた。出発点は中央大橋。そこから吾妻橋まで。吾妻橋に着いてからはいつもの定点撮影ポイントを歩いて、秋晴れ、快晴、爽やかな一日を楽しんできた。明るいレンズのカメラであれば遠くからでも鮮明に撮れるのだろうが、いかんせんコンデジではそれを望むには無理がある。今日は478mにまで伸びていて、第1展望台の架設に入っているようだ。周辺の建築中のビルも普通ならそれなりに大きく、高く見えるのだろうが、如何せんスカイツリーの脇に建てられているので、低層に見えるのは仕方ない。
勝鬨橋や佃大橋からも見えるらしいが、その二橋は割愛した。
言問橋、桜橋、白髭橋はスポットで歩いたことがあるが、更に上流の橋からはどのように見えるのか見えないのか、日を改めて歩いてみたい。

(1)478m 現在の姿    工事車両が小さい
d0102505_1549320.jpg

(2)今回歩いた隅田川河畔   地図の白い部分
d0102505_1551323.jpg

(3)中央大橋から吾妻橋まで
d0102505_15541125.jpg
d0102505_15544147.jpg
d0102505_1555038.jpg
d0102505_155626100.jpg
d0102505_15565813.jpg
d0102505_15575650.jpg
d0102505_15583779.jpg
d0102505_15585082.jpg
d0102505_15593280.jpg
d0102505_1601048.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-10-08 16:03 | 好奇心
2010年 10月 01日

開かずの橋・勝鬨橋機械室を見る

d0102505_14133869.jpg
昭和45年といえばオリンピックが終わり、バブルのはじける48年の数年前。日本経済は勢いのあったころだったと思う。水上物資運搬の減少、陸上荷役の増加、そういう状況下で路面電車の都電がなくなり、墨田川最下流の勝鬨橋もその年に役目を終えて今日まで開かずの橋になっている。しかし再開の気運は一部で残っているらしいが、予算の折り合い、現状調査などどのくらいの費用がかかるのか、難しい問題があって実質的には再開は不能だろうと、係員の方の説明であった。
機械室は隅田川の水面よりも下に位置し、見学は毎週木曜日、予約制とのこと。私が行ったときは幸いキャンセルがあったので、入れていただけたという次第。
橋の下にはテニスコートに匹敵するほどの空間があり、橋自体はヤジロベーの原理で上下する。その反対側に位置する分銅(1950kg)が半回転できる大きな空間があり、その位置まで下りて見学できた。いまの橋の上の四棟の建物風のものがあるが、そのうちの一つから入っていく。垂直の下る梯子、約3mを下りるのでヘルメットと安全ベルトの着用が義務付けられている。厳重装備をして係員の方のあとから施設に入って見学してきた。そのときの写真をアップしておくのでご覧下さい。
d0102505_1355914.jpg
d0102505_13551926.jpg
d0102505_13555032.jpg
d0102505_13563210.jpg
d0102505_1357391.jpg
d0102505_13575539.jpg
d0102505_13581310.jpg
d0102505_13583491.jpg
d0102505_13584364.jpg
d0102505_135903.jpg
d0102505_13591297.jpg
d0102505_13592722.jpg
d0102505_13593721.jpg
d0102505_13595011.jpg
d0102505_14134869.jpg
d0102505_14135798.jpg
d0102505_1414626.jpg
d0102505_14141537.jpg
d0102505_14142485.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-10-01 22:34 | ウオーキング