カテゴリ:雑感( 13 )


2012年 01月 22日

Jtak資料作成

大寒はやはり寒い。センター試験の受験生は、お役所の手違いでこの寒い中、再度受験のやり直しという状況。本人の人生を左右しかねない始末。センター試験の意味は何なんだろうと思う。無くてもいいのではないか。本人の受験したい大学に受験の機会を与えて何が不都合なのか、門外漢のものには理解できない。予算の無駄遣いではないか…そんなことを思いながらこちらは気楽に、Jtak勉強会の資料を準備している。次回、次々回と何本かの資料・題材をストックしておかないとつい不安になるのである。こちらは人生を左右するものではないが、一人でもJtakファンがいてくれる限り、こちらも手を抜くわけにはいかない。センター試験の準備状況と比べるわけではないが、怠りない準備は主催者・世話人の義務だと考えている。
ここ二三日寒い日が続いているので外に出られず、日暮しPCに向かってそんな作業を進めている。という事で下記の作品の作成手順書をまとめた。この題材を使うのはは3月か4月になるだろう。さらにもっとストックを準備したいと思っている。
この4点の作成手順書は、勉強会が終わった後にアップ予定。

1.真珠の首飾り
d0102505_1433627.jpg
2.気品の額縁
d0102505_14342354.jpg
3.手毬風額縁
d0102505_14343544.jpg
4.カラーボード積み重ねフレーム
d0102505_14393018.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2012-01-22 17:51 | 雑感
2011年 10月 21日

エキサイトブログ・スタイルシート変更ですっきりと…

あまりまじめに書き込んでいない「エキサイトブログ」だが、久しぶりに開いてみるとマンネリも甚だしいのでここは気分一新、スタイルシート(背景)の変更と、右サイドにいらないものがだらだら並んでいる項目を少し整理して、シンプル化を図ってみた。
名刺の色も変え、見た目のスタイルも変え、時節柄秋なので紅葉のシートを選択したのがこれである。人間も家の中も季節の変わり目には衣替えや、ちょっとしたレイアウトを変えるが、やはり気持ちのあり方が違う。
見た目の変化は、その奥行きが見えなくても気の持ち方が変わる。特に関係は無いが明日は誕生日。また一つ齢を重ねることになる。年齢を数えるという法律があるが、それによると一歳加算されるのは、生まれた日の前日だそうだ。ということは今日で一歳年を重ねたことになる。ますます健康でありたいと願う。自分のためにも家族のためにも。
[PR]

by polaris-8 | 2011-10-21 12:18 | 雑感
2011年 09月 12日

中秋の名月

月月に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

今夜は中秋の名月。七夕と違って、雲一つない夜空に真ん丸のお月さんが浮かんでいる。東の空から徐々に南へ、そして西へと動いていく…? 自転と公転の関係で太陽のようには動かない。
ベランダに三脚を構え撮るも、画像にキレがない。きっとレンズの解像力が弱いのだろう。

この写真の撮影条件
 シャッタースピード  1/1000
 絞り    F5.6
 ISO    100
d0102505_2211494.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2011-09-12 22:12 | 雑感
2011年 08月 09日

8月9日長崎原爆の日

昭和20年8月9日、この日は長崎に原爆が投下された日で、今日は66回目の原爆の日である。あるいは私の命日として67回忌になっていたかもしれないと思うと、人間の運命なんてちょっとしたことで、これほど大きく左右されるものかとつくづく思う。
その日私は今の北九州市八幡区槻田というとことで、国民学校1年生だった。小倉に落ちていれば八幡も木端微塵で焼け野原になっていただろう。それがお天気の都合で長崎に行ったという事は、何とも長崎の方々には申し訳ないが、運命のいたずらでしか無いと思う。おかげで今の自分がここにいて、子供や孫に恵まれた生活を送っている。
なぜ小倉だったのか、製鉄所のある八幡ではなかったのか。その背景にはアメリカのメンツから来ているようだ。その原因は風船爆弾。当時風船爆は小倉で作られていた、それが大きな理由のようだと思わせるような記事が、先日の新聞に掲載されていた。詳しくは添付の資料をご覧いただくとして、今でこそ笑って過ごせることも、当時は生きるか死ぬか、生死のはざまで真剣に考えられていたのである。
今年ドイツを旅して「ポツダム会談の行われた場所」を訪れる機会があった。そこでの説明で日本の敗戦と原子爆弾投下の理由、ソ連の終戦直前の参戦など、真実を知る機会があったが、ちょっとしたボタンの掛け違い、時間のずれ、トップの判断などに齟齬があったということが歴史を大きく左右したのだ。歴史にタラ・レバハ存在しないが、そういうところに人間の運命というものがあるんだということを、受け止めなければならない。
平和といえる今の時代、貧しいながらも健康で、心豊かに過ごすことができているのも、あの日の天気、雲がかかっていたことにさかのぼる。
そして1週間足らずで15日の敗戦。教科書を墨で塗りつぶしたり、破棄したりということが二学期から始まったのである。
3月10日は阿佐ヶ谷で空襲、千葉に疎開するも5月には八幡に引っ越し、そして前述の一件。自分の生かされている運命の女神に感謝に堪えない。
d0102505_2095666.jpg
d0102505_2010710.jpg
d0102505_20101646.jpg
この記事は7月14日朝日夕刊ジャーナリズム列伝72から引用
[PR]

by polaris-8 | 2011-08-09 20:13 | 雑感
2011年 04月 06日

ゴミ処理工場がピンチ!  ごみを減らそう・・・

わが町鈴木町1丁目・2丁目の自治会および町内54世帯の鈴和会から回覧板が回ってきた。4月5日付の市報にも掲載されていたが、いまゴミ処理工場パンク寸前だという。お隣の方のこともわからないという東京では、向こう三軒両隣的な地域コミュニティが希薄になっている。そういう状況下で鈴和会は稀有な存在ともいえるかもしれない。「回覧板」、郷愁を誘う響きを持った懐かしい言葉だと思う。今回の東日本大震災で改めて思い起こされたことの一つに、多くを語るまでもなく地域の結びつきの大切さということがある。日常の何気ない立ち話や挨拶などのコミュニケーションがいかに大事なことか、再認識させられる。
ごみを無くすことはできない。しかし少なくすることは出きると思う。「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないが、今日のごみをちょっと減らす、分別をもっとしっかり行う、自宅で処理できるものはないかと見つめ直す行いが、ひいては巡り巡って被災者支援に繋がっていく事にもなっていると思う。

回覧板で回ってきた文書
d0102505_21305229.jpg
d0102505_2131157.jpg
d0102505_21311263.jpg


同時回覧で被災者支援募金活動のお願いの文書も添付されていた。
市の担当窓口は、高齢者福祉課となっている。高齢者=シニアに該当する自分にとって、身につまされる思いを抱かされた。
[PR]

by polaris-8 | 2011-04-06 21:57 | 雑感
2011年 03月 25日

我楽多倶楽部教材作り

3月11日、午後2時46分以降、KSNCのすべてのサークルが活動を自粛し、ぽっかり穴が開いた状態が続いている。想像を絶する大災害に放射能問題が重なり、毎日報道される新聞・TVに落涙している。外出するにも帰宅難民のリスクがあっては、おいそれと出かけるわけにはいかない。
そんな中次回以降の我楽多倶楽部資料つくりに時間を割いている。過去のストックとともに新たな材料を仕込み、次のような作品を作る手順書をまとめることができた。
手順書の公開は我楽多倶楽部勉強会になるが、作品は次のようなものである。さらにあといくつか手持ち材料として、いわゆる在庫を纏めておきたいと思っている。


1.冠雪の北岳遠望
d0102505_22503373.jpg



2.梅一輪
d0102505_2251394.jpg



3.超新星で作るリング枠
d0102505_22512016.jpg



4.赤富士
d0102505_2374322.jpg



5.水面に映る影
d0102505_9173376.jpg



6.ブラインドを使った透明額
d0102505_16173124.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2011-03-25 23:18 | 雑感
2011年 01月 31日

ある金融機関でのできごと

驚いた…一瞬何事か…わが耳を疑う出来事にある金融機関の窓口で遭遇した。自分の普通預金を引き出すのに「手数料を請求された」のだ。信じられますか。カードが当たり前の現状にあっては、普通預金の出納に通帳と印鑑を持って窓口に行く機会はまず無い。しかしどうしても窓口で手続きをしなければならないことがある。先日ある事情で細かな金種別に出金する必要に迫られた。その時のことである。窓口の女性の係員では話にらちが明かないので、責任者の対応を求め、応接間に通された。
下に普通預金の払出請求書と両替請求書を添付しておいたが、両替については、一定の枚数(個数)を超えると手数料が伴うことがはっきり明記されている。本当は両替で手数料を取られることに納得はできないことだが、書類にその旨記載されているので、一応了としよう。
ところが普通預金の払出に際しては、そういう説明は記載されてなく、払出希望金種を記載するよう求められている。

応接間でのやり取り要旨
(金)…両替と同じような状況だ。一定数を超えた枚数になるので手数料の負担を願いたい。
(私)自分の金を自分の口座から引き出すのに、どうして手数料を支払わなければならないのか。
(金)…所管官庁から指導されている・・・
(私)どういう指導内容か、文章を拝見したい
(金)……規則ですから~
(私)通帳にも払出請求書にも一言も書いて無く、所轄庁の指導だからと言われても納得できない。
(金)…両替手数料がかかる場合がある・・・と記載はしているが・・
(私)払戻請求書には、希望金額を金種別に記載するようになっているではないか。むしろ私はそちらで決められた手続きにのっとって、履行している。今回のケースはどこが両替に該当するのか

若干前後の応答はあったが、おおむね上記のようなことであった。本当に所轄庁の指導があるのか私は知る由もないが、不合理なことに間違いないと思う。私たちの預金をもって業の成り立っている金融機関は、顧客第一主義と口先では言っているが、一方では顧客泣かせの傲慢さが垣間見える。
d0102505_2137025.jpgd0102505_21384827.jpg








PS:金融機関側の解釈は次のようなものであることが分かった。
窓口や両替機で両替すると手数料が発生するので、中には元金をいったん普通預金に入れて、その金額を普通預金払戻請求(窓口)で、細かな金種で出金するケースが、両替に該当するということ。
今回のケースはそれにも該当せず、私の理が100%通って一件落着。応接間を後にした。
[PR]

by polaris-8 | 2011-01-31 21:05 | 雑感
2010年 12月 31日

我楽多倶楽部 この一年(H22のまとめ)

我楽多倶楽部のこの一年の活動を振り返り、纏めてみました。我楽多五大ニュースもピックアップいたしました。詳しくはgrk新古今集(下記URL) をご覧ください。
     http://blog.livedoor.jp/grktblog/

大きな節目を迎えたH22年、一つの活動スタイルが見えた感じがいたします。
新しい年も普段着の姿で皆さんと一緒になって楽しんで行きたいと思います。
多くの皆様に支えられて今日に至ったもので、まだ通過点です。
来年もよろしくお願いいたします。
d0102505_23234686.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-12-31 23:32 | 雑感
2010年 12月 14日

ツタンカーメン王のえんどう豆に思う

地域コミュニティの小冊子「ほのぼのマイタウン」誌.Vol.147号に、囲い記事で、「ツタンカーメン王のえんどう豆を千粒収穫して無料配布したーNPOいきがいサロンオリーブ」と言うのが目に止まった。
読んでみるとここに添付した記事の通りである。
d0102505_21131874.jpg

これを見て直感的に感じたことは、これこそが地域貢献活動だと言うこと。普通ならば目にも止まらないかもしれない。また目に止まって読んだとしても、あ~あそこのオリーブだ。Mさんがボランティアされているところだ、と言う程度でページは閉じているはずだ。
それがなぜ地域貢献・・・・という受け止め方をしたかというと、このたびKSNCがNPO法人格の資格を得て、これからの法人としての活動は「内から外へ、地域貢献活動」がその中心になってくる、と言うことに加えて、いささかそのことに関わりのWGにいるからだと思う。
地域貢献活動として何をするべきか、何が地域貢献活動かという大上段から議論を進めるのも一つの方法だが、あまり肩肘張らず、いまkSNCが日常的に行っている活動をそのままオープンにしていくことだけでも、立派な地域貢献活動ではないかと感じさせられたしだい。
そういうことが頭の中にある潜在的なアンテナが電波をキャッチしたと言うところに、このツタンカーメン・・・のオリーブの記事がある。
何でも無いことと見過ごされがちなことかも知れないが、これはオリーブの立派な地域貢献活動の一つと評価できるものであり、ここに原点があると目から鱗の感がある。
まさに雑感・・・そんなことを感じたと言うこと。

参考
http://www2.ocn.ne.jp/~bwd/roman.htm
[PR]

by polaris-8 | 2010-12-14 22:02 | 雑感
2010年 12月 12日

図書館

久しぶりに図書館に足を運んだ。会員カードの更新と言う目的もあったが、実は本当の目的は別のものであった。図書館には「リクエスト」というシステムがあって、新刊本や高価な本の購入を求めることが出来る。
過去にもこのシステムで、新刊本を購入していただき読んだことがある。
今回のリクエストは集英社刊・「空白の五マイル」という本である(別掲新聞スクラップ参照)。
図書館側では、まず常備しているか否かをチェック、どこの図書館にも無ければ購入の手はずを取られるのだろうが、チェックの結果1冊だけあると言う。そのため新規購入はしないので、貸し出しの順番予約をしてほしいということであった。市内には11箇所の図書館があるが、希望する本はたった1冊しかないと言うことだ。
図書館側には予算とか、管理上の事情などあることは理解できるが、いかにも少なくは無いか。
貸し出しの予約をお願いして辞したが、ただいまのところ8番目だそうだ。
本の貸し出し期間は2週間。最短でも私の順番が来るのは15週目となるが、20週間は待たねばならないだろう。半年近く先になると言うことだ。
最近パソコンに費やす時間が多く、ゆっくり図書館に行って本を読む、という行動スタイルは皆無に近いが、久しぶりに行ってみて、いい雰囲気だなぁ~と改めて感じた。
日常の生活と違った場所、フィールドに自分自身を置いてみることはボケ防止にも有効なことではないかと、勝手な理屈をつけて変な納得をしているしだい。

◆著者と本の内容
d0102505_2240283.jpg

◆予約受付時に渡された伝票
d0102505_22314632.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-12-12 22:47 | 雑感