カテゴリ:ウオーキング( 8 )


2012年 04月 08日

小平のさくら

新聞の広告は、今桜お花見ツアー満載である。昨年が昨年だったせいもあって今年はそれが嫌に目に付く。当事者にとっては千載一遇、この時期しかない稼ぎ時だ。震災や原発の現状を思うと、さくらさくらと浮かれることは、やはり謹んで楽しむ心配りが必要だ。
小平の中にも素晴らしい場所はいくつもある。お天気にも恵まれた一日、グリーンロード、花小金井から小平まで観桜ウオーク。途中途中でおなじみの方々にもお会いしながら、楽しいウオークであった。
アジサイ公園から見上げる桜は、この区間での絶景ポイントと言ってよい。よく手入れされているアジサイ公園内は気持ちよいほど行き届いた管理状態である。市の公園管理課やボランティアの方々の日ごろの丹精さに素晴らしさを感じる。またアジサイの時期になれば素晴らしい園内風景になるだろう。
ウオークのポイントごとの桜をアップしておく。グリーンロード以外はまさに半径600メートル範囲内の桜である。
(余禄)…グリーンロードは露出補正±0 それ以外は皆+3の補正をかけた。

【グリーンロード】
d0102505_1552871.jpgd0102505_155432.jpgd0102505_1555692.jpgd0102505_156742.jpgd0102505_1561987.jpgd0102505_1753264.jpg

































【小平団地】
d0102505_18114251.jpgd0102505_18115497.jpgd0102505_1812591.jpgd0102505_18121534.jpg






















【警察学校前】
d0102505_18185435.jpgd0102505_1819787.jpgd0102505_18191853.jpgd0102505_1819282.jpg






















【回田通り】
d0102505_18211283.jpgd0102505_1821225.jpgd0102505_1821311.jpgd0102505_18214141.jpgd0102505_18215188.jpgd0102505_18215933.jpg
[PR]

by polaris-8 | 2012-04-08 21:36 | ウオーキング
2012年 01月 13日

両国から望むスカイツリー

d0102505_2147738.jpgいま両国で大相撲まっただ中。日本人大関の誕生で人気上昇中。八百長で揺れたあの時期が遠い存在になってきたのか。日本人の寛容さみたいなものを感じる。
12日、私の隠れ家的木曜会の日.
そのあとが誰にも拘束されない自由時間。今年二度目の押上詣で。いわゆるスカイツリーの写真を撮りに出かけた。この日のスカイツリーは次の場所で撮り、コースを歩いて回った。
十間橋⇒墨田区役所18F⇒吾妻橋⇒駒形橋⇒厩橋…隅田川遊歩道を両国まで歩く…安田庭園⇒国技館
その中から安田庭園と国技館周りでのショットをアップする。


安田庭園の池には薄氷が張っていて、東京は今冬一番冷え込んだ日。日中気温10度に届かず。
高さ634mのスカイツリーはここからその姿が望めた。冬特有の空気が澄んでいるので、もやった空気ではなくすがすがしい様子が望めた。
塔頭には工事用クレーンの姿も撤去されていて、それがあればこそスカッとした姿に見えるのだ。
まわしを風呂敷に包んで持つお相撲さんの姿も見られるが、まだ番付下位の方なのだろう、若く髷も結えない草履や下駄をはいて、国技館に入っていくもの、出てくるものさまざまだ。顔の表情から買ったのか負けたのかは窺い知れないが、風呂には入ってきているのか顔のさっぱりした艶はいい。ビン付の匂いも爽やかで、地位は下でもやっぱりお相撲さんだなと思う。

安田庭園
d0102505_21494958.jpgd0102505_21501089.jpgd0102505_21502985.jpg



国技館
d0102505_21552393.jpgd0102505_21554974.jpgd0102505_21561841.jpg
当日の取り組みの「割」が、一枚一枚張り出されている。


こちらの方にもお立ち寄りください。  http://www.livedoor.com/ 

[PR]

by polaris-8 | 2012-01-13 22:19 | ウオーキング
2011年 12月 02日

平林寺の紅葉

d0102505_12155419.jpg11月30日、第18回目のみどころを歩く会に参加して、紅葉真っ盛りの平林寺に行ってきた。入園拝観料500円。普段は支払うことのないものがこの時期徴収される。ちょっと最盛期を過ぎたかな、そんな感じがしたが人の数はものすごい。人を入れないで写真を撮るのにかなり苦労もした。今回の参加者は22名、コースは世話人さんからGメールで報告のあった通り、東久留米駅集合からスタート。史跡公園までバス。車内はまるで幼稚園児の遠足もどき。料金は190円だがシルバーパスのある方はここまで無料ですよ・・・とバスの運転手さんの声。降りたところでミーティングと参加者点呼確認。注意事項と説明を聞いてスタート。のどかな田園風景を楽しみながら、軽快に歩をすすめる。そんな写真が上の6枚の連結合成写真。

鮮やかな紅葉。
一昨年(だったと思う)天皇陛下がご鑑賞されただけの気品がある。
d0102505_1253780.jpgd0102505_1261088.jpgd0102505_127463.jpgd0102505_1271892.jpgd0102505_127279.jpgd0102505_1273569.jpgd0102505_1274454.jpgd0102505_1275214.jpg


































下の3枚の写真について
松永安左ヱ門の草庵。平林寺に寄贈後「睡足軒」として利用されている。現管理者は新座市。

「1」の丸窓から見る紅葉は色が薄い。「2」の丸窓・紅葉を切り取って、「1」に張り付けたのが「3」の写真。いずれもJtrimで加工・合成。
d0102505_12245890.jpg
d0102505_12251086.jpg
d0102505_12252484.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2011-12-02 18:36 | ウオーキング
2011年 11月 28日

鈴木稲荷神社~小平団地の秋

特段コースを決めずに、気の向くままの朝のウオーキング。今朝は町内の守り神鈴木稲荷神社を振り出しに、鈴木小・武蔵のの団地・小金井橋から玉川上水べり・喜平橋を右折して小平団地というコース。途中で自転車のS氏と出会う。
今が盛りか、いややや峠を過ぎたであろうということを語りかける銀杏の落葉。銀杏の実も今年は豊作だったようだ。いつもなら銀杏ひろいをして、晩酌の肴にするのだが今年は拾うことはやめた。境内では社守さんが、きれいに皮をむいた銀杏を、どうぞといっておいてあるものをいただくことにした。
今日のコースは距離的に大したことはないが、写真を撮ったり、S氏と語りながら歩いていたので、歩行時間は十分であった。毎日コースを変えて歩いていると、町の変化を見ることができる。へぇ~こんなものが出来てる・・・以前ここはなんだったかなぁ~ あったものがない・・・など意外な発見に驚くことが多い。茜橋から玉川上水を覗くと大きな鯉が群れて泳いでいる。上水の水は絶えることなく流れているので、鯉たちは一睡もできない。ということは生涯、睡眠をするという事はありえないのか? 何ともつまらぬ発想だ。

★鈴木稲荷神社
d0102505_16132448.jpg

d0102505_1614893.jpgd0102505_16141825.jpg                                  
                                   ・

★小平団地
d0102505_16235819.jpgd0102505_1624761.jpgd0102505_16241621.jpgd0102505_16242556.jpgd0102505_16243411.jpg
d0102505_16244391.jpg
[PR]

by polaris-8 | 2011-11-28 18:18 | ウオーキング
2011年 03月 09日

武蔵の路と廃線跡を歩く

d0102505_2072033.jpg

西武鉄道の「武蔵の路と廃線跡を歩こう」というウイークデーハイキングに参加してきた。一昨日の雪が嘘のような快晴無風、絶好の日だった。
d0102505_2017462.jpgd0102505_2018972.jpg








武蔵砂川でルート地図をもらい、スタート。歩行距離12㎞ 歩行時間3時間20分。ゴール地点は西武球場前駅。
廃線! 廃線跡トンネル! に魅せられて参加した。
d0102505_20252871.jpgd0102505_20254678.jpg








残堀川沿いを歩き、旧日産自動車の跡地脇をイオンモールを過ぎ武蔵野の路に入る。横田児童公園を越えると道路を挟んで廃線跡トンネルに出会う。
d0102505_203211.jpgd0102505_20322172.jpgd0102505_20324118.jpgd0102505_2032566.jpg

















横断歩道を渡っていよいよ最初の横田トンネルだ。幅が狭いのでおそらくトロッコのトンネルではないかと思う。
振り返ってみると往時レールが敷かれていたと思われる,今歩いてきた直線道が見える。
抜けるとまたトンネルがある。このようなトンネルが4本あったが、歩けるのは3本。一本は鉄格子がはめられ通行不可。
d0102505_20402197.jpgd0102505_20403332.jpgd0102505_204126.jpgd0102505_20411878.jpg
















今日のルートは、横田トンネルと赤堀トンネルの二本で、3本目の御岳トンネルは通らずに上を迂回してコースが設定されていた。
d0102505_20594279.jpgd0102505_20595760.jpgd0102505_210734.jpgd0102505_2101926.jpg

















しかしそこは黙っていられない性分・好奇心が手伝って3本目の御岳トンネルを抜けコースを外れて歩いた。4本目の赤坂トンネルは通行止めだったので残念。振り出しに戻って正規ルート目指して歩を急ぐ。かぶと橋に出て多摩湖自転車道に無事出ることができた。
d0102505_2141089.jpgd0102505_2142271.jpgd0102505_2154545.jpgd0102505_2155689.jpg

















後はひたすら西武球場目指して歩くのみ。
途中の玉湖神社や千手観音などを過ぎで、出発から3時間40分でゴール到着。
d0102505_21123941.jpg
d0102505_21125264.jpg
d0102505_2113641.jpg
d0102505_2113198.jpg
d0102505_21133332.jpg
d0102505_21135174.jpg
d0102505_21141050.jpg
d0102505_21142927.jpg
d0102505_21144288.jpg
d0102505_21145155.jpg
d0102505_2115114.jpg



歩き終わって
 あるグループのウオーキングコースにどうかなという思いをもって、ある意味下見的な感じをもって歩いてきた。平坦だが少し長いかなということと、コース沿道の変化、桜の時期にも桜の木が少なく適当ではない。また途中には車座になってお昼を食べるという適当な場所もなく、判定は×。
[PR]

by polaris-8 | 2011-03-09 21:23 | ウオーキング
2010年 11月 27日

等々力渓谷の紅葉

奥多摩ではなく東京都内23区に渓谷がある。渓谷沿いに下りると気温2度前後は低いと体感できる。
世田谷区等々力にある「等々力渓谷」だ。25日の木曜日、東京駅から等々力行きの東急バスに乗って出かけた。この渓谷は、「・・・・真姿の池湧水群とともに国分寺崖線名勝群を形成する一つであり、東京を代表する自然地理的名勝として・・・・・」という説明板が立てられている。
期待以上の紅葉に恵まれ、穏やかな一日をゆっくり散策することが出来た。結構人出も有り一年を通して人気のスポットだ。周辺は比較的民度の高い住宅地、高級スーパーの成城石井が出店していた。3~4年ぶりに訪れたがそのときにはこの店舗は無かった。
d0102505_21395252.jpg
d0102505_2140189.jpg
d0102505_21401145.jpg
d0102505_21402358.jpg
d0102505_21403842.jpg
d0102505_21404790.jpg
d0102505_21405747.jpg
d0102505_2141523.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-11-27 21:18 | ウオーキング
2010年 10月 01日

開かずの橋・勝鬨橋機械室を見る

d0102505_14133869.jpg
昭和45年といえばオリンピックが終わり、バブルのはじける48年の数年前。日本経済は勢いのあったころだったと思う。水上物資運搬の減少、陸上荷役の増加、そういう状況下で路面電車の都電がなくなり、墨田川最下流の勝鬨橋もその年に役目を終えて今日まで開かずの橋になっている。しかし再開の気運は一部で残っているらしいが、予算の折り合い、現状調査などどのくらいの費用がかかるのか、難しい問題があって実質的には再開は不能だろうと、係員の方の説明であった。
機械室は隅田川の水面よりも下に位置し、見学は毎週木曜日、予約制とのこと。私が行ったときは幸いキャンセルがあったので、入れていただけたという次第。
橋の下にはテニスコートに匹敵するほどの空間があり、橋自体はヤジロベーの原理で上下する。その反対側に位置する分銅(1950kg)が半回転できる大きな空間があり、その位置まで下りて見学できた。いまの橋の上の四棟の建物風のものがあるが、そのうちの一つから入っていく。垂直の下る梯子、約3mを下りるのでヘルメットと安全ベルトの着用が義務付けられている。厳重装備をして係員の方のあとから施設に入って見学してきた。そのときの写真をアップしておくのでご覧下さい。
d0102505_1355914.jpg
d0102505_13551926.jpg
d0102505_13555032.jpg
d0102505_13563210.jpg
d0102505_1357391.jpg
d0102505_13575539.jpg
d0102505_13581310.jpg
d0102505_13583491.jpg
d0102505_13584364.jpg
d0102505_135903.jpg
d0102505_13591297.jpg
d0102505_13592722.jpg
d0102505_13593721.jpg
d0102505_13595011.jpg
d0102505_14134869.jpg
d0102505_14135798.jpg
d0102505_1414626.jpg
d0102505_14141537.jpg
d0102505_14142485.jpg

[PR]

by polaris-8 | 2010-10-01 22:34 | ウオーキング
2010年 07月 23日

早朝の小金井公園

毎日暑い日が続き、寝苦しさは応える。山なら早朝の空気はひんやり美味しいのだが、雨戸を開けてもムーとしてきて、そんな感じは微塵にも感じられない。そんな朝、小金井公園までカメラを持って出かけてきた。めったに無いことなので、多少は日々の暑さが緩和されて凌ぎ易くなってくれればいいのだが。
そんな公園の朝のスナップを何枚かアップした。ラジオ体操会場に老々男女がどこからとも無く集まってくる様は、毎日の光景なのだろう。木陰を選んで思い思いの場所で体を動かしている。
光、寂、静、動・・・・そんな思いを写真を見て感じた次第。

d0102505_1301359.jpgd0102505_1302744.jpg






d0102505_1304065.jpgd0102505_131534.jpg






d0102505_1312145.jpgd0102505_1313424.jpg






d0102505_1314492.jpgd0102505_1315244.jpg






d0102505_132383.jpgd0102505_1321648.jpg
[PR]

by polaris-8 | 2010-07-23 09:50 | ウオーキング