2012年 10月 03日

台風17号の落し物

d0102505_11175752.jpg
9/30~10/1未明にかけて、小平を駆け抜けた台風17号。かなり強烈な危険性の高いものと覚悟していたが意外とそういう感じを受けなかった。ものすごく速いスピードで通り過ぎたようだ。必要に迫られて早朝に起きたのだが4.30am~5.00amには、空には満天の星、西の空には中秋も名月がまぶしいほどの明るさで煌いていた。
瞬間的に強い風は吹いていたがそれも断続的。その強風で鈴木稲荷神社の境内にある銀杏の実が数多おちていて、まだ誰も拾っていかない銀杏を社守さんが箒ではき寄せて、山のようにとはいかないまでも掃き集められて、今朝まだ写真の様子だった。。
銀杏愛好家にはたまらないお土産だろうが、モグラの掘り起こした土と相まって、なんとなく微笑ましい感じがした。まだ実そのものは完熟ではない。
[PR]

by polaris-8 | 2012-10-03 08:53


<< 志賀高原の見事な紅葉      水族館 >>